« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月28日 (火)

ミーハーで悪いか!

05a ほんと、す~ぐ飛びついちゃってすいませ~ん♪

わかりやすいでしょ。ミーハー加減が。

こないだのバレーボールワールドグランプリで一躍有名になった、『攻守に輝くかおる姫』(どーなの?)こと菅山かおるさんです。わかりやすい美しさですねぇ。凛としてかっこいいっすねぇ。たたずまいにセンスのよさを感じますねぇ。

なんと彼女、26歳なんですよ。いままで知らなくてごめんなさい。前からファンの人にもゴメンナサイ。どーも春高バレーにも名門古川商業で出場していたらしいのね。いま所属チームのホームページで見たところ。

何が好きって、美しさもさることながら、センスなのですよ。しなやかな感じっていうのかな。スパイクとかレシーブとかやることなすことスムーズでよどみがないの。昔っから自分の好きなスポーツ選手にはそういうものを求めているみたい。

たとえばテニスならボルグよりマッケンローが好きだったり(古っ)。サッカーならばドイツよりもブラジルが好きだったり。とくにいまならロナウジーニョね。

相撲なら貴乃花より花田勝氏。いやちょっと話題が違う。

また所属チームでは1年前からリベロをやってる人を、アタッカーとして起用する柳本監督はすごい眼力ですね~。尊敬しちゃいます。

ただ選手アンケートの欄で「好きな芸能人 哀川翔」、「好きなスポーツ選手 清原和博」とあったのはちょっと笑えました。きれいな顔にあの眼光の鋭さ、元ヤンっぽいかも、、、もちろん、僕、元ヤン、大好きですから。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年6月19日 (日)

恋におちたら-第10話♪

sto09_main ほんとうに、ほんとうに残念です。いくら悔やんでも悔やみきれない!第9話、録画されてなかったんですよ。NHK教育テレビの帯番組を見もしないのに毎週欠かさず録画していたせいで、HDDのメモリーがいっぱいになってしまい一番みたいドラマが、、、クーッ

気を取り直して第10話、見ました。9話の筋はHPで見ていたのでスムーズに楽しめてよかったです。七海演じる和久井さん、やっぱりステキです。高柳と島男、2人のことを心から理解している彼女が、高柳のために島男に協力を求めるシーン、いいですねえ。彼女が菩薩に見えます。

七海に限らず、香織といい、まりこといいドラマに登場する女性たちのなんと賢く、優しいこと。彼女たちが周りにいてくれる島男はなんと幸せな男だろう、と思います。

高柳と島男が二人でヒルズを見上げていたとき、神谷がやってきたのを見て、僕は思わずガッツポーズをとってしまいいました。ドラマなのにね。

今回が最終回になってもよかったね。もちろん、最終回も楽しみだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月18日 (土)

爆睡ビル・エヴァンス

53 昨日は社員さんの研修のため、派遣社員の僕たちはお休み。3連休の始まりです♪

ちょっと体も心もお疲れ気味だったので、のーんびりすごそうと思い、布団のなかでウトウトゴロゴロ。

眠りを誘う音楽は、ビル・エヴァンス。おかげさまで食事を挟み夕方6時ごろまで爆睡。よっぽど疲れてたのねぇ。

この、ジャズ・プレーヤーに似つかわない繊細そうな顔。妥協を許さない銀行マンのような品のよいセンス。大好きです。

音楽も写真の通りなんだ。ここではこの音の響きしかありえない、って言わんばかりの正確で美しくて、流れるようで心に音の楔を打ち込むようなそんなピアノ演奏。

こじゃれたカフェなんにもお似合いだけれど、よくよく聴いてみると、彼の内なる情熱の炎が心に突き刺さってきて、とても平安な気分ではいられなくなる美しくもはかない音楽。

なかなか気分がすぐれないときには、注意を要するよね。どっぷり浸かるとそこから逃げられなくなるからね。そんなビル・エヴァンスを聴きながら日中爆睡できる僕も、まだまだ大丈夫そうだと思う土曜日の正午。1日寝たらだいぶ元気になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 6日 (月)

恋におちたら-第6・7話♪

久々の更新です。自分自身、激動の3週間でした。

就職したり、毎週末飲み会に参加したり、いろんな人といろんな話をしたり。

楽しかったり、うれしかったり、不安だったり、狂おしいほど人恋しかったり。

やっと少し落ち着いたので2週分ためていた『恋におちたら』を今日観ました。

こちらも大激動。やっぱり、島男は変わっていきました。ずっと変わらないか、すっかり変わっていくかどっちかだろーなぁと思っていたのでそのことは「想定の範囲内」。でも草彅くんと堤さんの演技はまさに想定外。話もどんどん変わっていって、このスピード感、たまらんです。和久井さんと堤さん、草彅くんと松下さんの関係も一対になっていて、すごーく興味深い。ドラマの中でもっともバランスの取れた人、和久井さん、ほんとステキっす。彼女が選ぶ人が今後の展開を暗示しているような気がしています。お金の問題だけじゃなくね。

みんな思っていることだろうけど、草彅くんの顔の変化、凄いね。ホラー映画のよう。堤さんの表情の変化との対比もおもしろい。脇役、といっては失礼なくらい魅力的な山本くんをはじめとするみなさんの関係はどうなるのか。これからの展開がほんとうに楽しみです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »